fc2ブログ
2022
01.18

松山英樹の8勝目おめでとう!!

Category: スポーツ
年明け初めてのゴルフ中継は
温かいハワイからのソニー・オープンでした。
2年ぶりにギャラリーが戻ってきたワイアラエカントリークラブです。
2014年から7勝上げていた松山英樹は、
アジア人として初めての8勝目を樹立した。

ヘンリーと松山の最終組はマッチプレーのような前半のホール。
10番までは5打差もヘンリーに離されていたのに
今回の松山はバックナインで余裕の進撃でしたね。

世界屈指のショットメーカーと言われている松山。
ティーショットもアイアンショットもピタッとくる精度の高さ。
そのうえ本人も言うように不思議に決まったパット。

圧巻は18番でヘンリーに並んでプレー・オフ。
精度の高さは相手にプレッシャーとなり狂わせたのか
バンカーからの2打目のヘンリーとピンそば85㎝の松山のショットのすごさ。
イーグルショットをカップに沈めて、キャディーと抱き合っていた。

松山英樹2
仲良しのキャディーさんと

松山英樹3
松山のインタビューにはおなじみの通訳さんと

松山英樹
ハワイの女性からレイをかけてもらってご満悦

今年も7人が出場した「ソニーオープン・イン・ハワイ」は1999年から
ソニーが支えている。
その前身の「ハワイアンオープン」で日本の青木功がイーグルショットを
ねじ込んで日本人男子初優勝した記憶は39年前のこと。
いつまでも画像が出るほどのことだから
松山英樹も受け継がれることになるに違いない。



スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
2022
01.08

初歩き 荏原七福神巡り

Category: ウォーキング
明けまして
今年もよろしくお願いします。

七草過ぎての初歩きでした。
以前一度巡った東急大井町線大井町駅スタートの
品川区にある荏原七福神でした。

神社仏閣は8日となるとほとんどと言って
人がいないのに驚きました。
コロナ事情もあるし、2日前の10㎝積もった雪も足元警戒するしね。
日や時間をずらして混雑を避けよう・・・は全く心配なかった一日。

大井町駅から5分の通り過ぎてしまうくらいで目立たない
知恵財運の神様 福禄寿・大井蔵王権現神社

大井蔵王権現神社大井蔵王権現神社

次は通称地蔵でら
開運厄除けの神様 毘沙門天 不動院・東光寺

不動院東光寺2不動院・東光寺の入り口

東光寺からJR西大井駅を目指し30数分歩く。

間もなく歩き右側に伊藤博文公の墓所がありました。
伊藤博文は明治期の政治家、初代の内閣総理大臣で
1000円札でおなじみです。
伊藤博文墓所の前で
伊藤博文の墓所前で

JR横須賀線近くの養玉院・如来寺の入り口から
急斜面の雪かきはさぞ大変でしたでしょう。

福寿財宝の神様 布袋尊 養玉院・如来寺
正面お堂は朱赤で大井の大佛と言われる
5体の大仏様が鎮座しています。

養玉院・如来寺3養玉院・如来寺
       大井の大仏
       大井の大仏様



次は富貴開運の神様 弁財天 蛇窪神社

蛇窪神社4蛇窪神社
朱赤に白蛇が目立つ

東急大井町線駅前に構えるお寺
商売繁盛の神様 恵比寿 法連寺

法連寺5法連寺

昭和医大前で休憩をとり最後の二つ
道路の一方が凍り付いていて明るい日差し射す道を歩く。
まずは延命長寿の神様 寿老人 摩耶寺

摩耶寺6摩耶寺
階段が多く足元が危うい。雪が解けてない屋根が目立つ


最後は近くの大願成就の神様 大黒天 小山八幡神社

小山八幡神社7小山八幡神社
小山の名の通り品川区内随一の高台

東急電鉄の荏原七福神のパンフレットは各社寺のスタンプ帳に
なっている。御朱印代わりにスタンプを集めて自己満足でした。

スタンプ
seven lucky gods

日にちのせいかお賽銭箱も片づけていたところもあったが
七福とコロナの終息を願い、足もやや衰えていたが
がんばりました。
終点は久しぶりの新年食事会でした。

新年食事会
大岡山精養軒で

今回の歩数15100歩





Comment:0  Trackback:0
2021
12.29

都響の第九大野和士の素晴らしさ

Category: 音楽いろいろ
年の暮れにベートーヴェン「第九」を聴く習慣が定着している日本。
今年もサントリーホールでの東京都交響楽団の「第九」を選んで
聴いてきました。

サントリーホールサントリーホール・ロビー

指揮は大野和士さん。
音楽の創り方がきめ細かくて、まるで鮮やかな糸を織り上げていく
演奏家たちを歌わせる感動の指揮ぶりでした。
第2楽章の終楽章で<歓喜の歌>の予告のようなメロディーが顔を出してから
第3楽章のアダージョになるとやすらぎと歌に満ちた祈るようなメロディー。
この楽章は大好きで目が潤んできます。
第4楽章の導きのコントラバスとチェロの響きもいいですね。
各種打楽器も華々しく入ってきて、「歓喜の歌」の大合唱。
サントリーホールの指揮者に対面するP席に二期会合唱団と
ソリスト4人が整然と並びホールに響かせます。

大野和士さんのワーグナー歌劇「マイスタージンガー」を聴くために
大野さんのオペラレクチャーを聴きに出かけたりした。
その時の手を抜かないオペラの説明は熱心そのものでした。

大野さんのお人柄がファンに受けて、いつまでも拍手鳴りやまず
観客が順番に離席するときもステージに現れて手を振って応えて
いました。

アークヒルズアークヒルズ


Comment:0  Trackback:0
2021
12.29

羽生結弦 孤高の高み目指して

Category: スポーツ
フィギュアスケート全日本選手権
すごい戦いでしたね。
満員のさいたまスーパーアリーナの景色も久しぶりだったが
静寂の中を前人未到の大技に挑んだ羽生結弦。

羽生結弦1

羽生結弦4 羽生結弦ショート
           ショートの羽生結弦

我々には採点基準なんてわかるわけがないが
クワッドアクセル(4回転半)はもう少しの回転不足という。
何回も何回も体を氷に打ち付けてストレスと怪我と戦う日々。

音符の上を振り付けしながら決めるというショートプログラムの
ピアノ曲「序奏とロンド・カプリチオーソ」はピアニストの清塚信也さんに
編曲を依頼されたという。さすがに一部の隙が無かった。

羽生結弦2羽生結弦33



まずは出場権獲得おめでとうございます。
羽生結弦を追って若い選手たちが成長している。
北京五輪はもうすぐ。無事に開催できれば・・・
選手の皆さん健闘を祈ります。

Comment:0  Trackback:0
2021
12.21

三菱一号館美術館と丸の内エリアのイルミネーション

Category: 絵画・芸術
印象派の光の系譜の珠玉の作品と聞くと立ち寄りたくなります。
丸の内の三菱一号館美術館へHさんと行ってきました。
今回はイスラエル美術館が所蔵する印象派の名品でした。
モネ、ゴッホ、ゴーガンetcの画家たちのピーク時の作品がズラリ。

地中海に面する中東の国イスラエルの美術館は1965年設立という。
大好きなモネやゴッホを観たくて行きましたが、観たことないいい絵が
多くあり見ごたえある画展でした。

三菱一号館美術館 三菱一号館美術館2

三菱一号館美術館中庭三菱一号館美術館中庭

モネ 睡蓮 モネ 睡蓮の池(1907)

麦畑とポピー ゴッホ 麦畑とポピー(1888)

夜のポツダム広場2 ユリィー 夜のポツダム広場(1920)

撮影できる会場もあったりしてその場は結構にぎわってましたが
密にならないように鑑賞出来ました。

丸の内イルミ4 丸の内中通りのイルミ
             丸の内イルミ
丸の内エリアの340本を超える街路樹はシャンパンゴールドに輝いている

東京駅夜景
東京駅の夜景は半分 やっぱりパノラマ撮影でないと全景は無理







Comment:0  Trackback:0
2021
12.13

二人そろって米ツアー参戦権獲得

Category: スポーツ
すばらしい二週間でした。
WOWOWで二人の戦いのダイジェスト観ました。
144ホールという2週間の戦い。

渋野日向子渋野日向子

古江彩佳古江彩佳

パスポートを手にした二人
米ツアーのツアーカードを手にする二人


米ツアーの予選会に45位以内に与えられる出場権は
予選会上位の選手を優先するため、より多くの試合に出るための
目安は20位以内とされている。

前日の渋野は悪い所がすべて出たと本人が語るように
悲観的なスコア。ハラハラドキドキの最終日、
精神状態は極限状態に追い込まれていたに違いない。

結果は
古江彩佳は18アンダーで7位
渋野日向子は10アンダーで20位
二人そろって米ツアー挑戦は立派!

渋野はメジャーの全英覇者、
雑草魂で予選会にチャレンジはすごい。
古江は国内戦最終まで戦い、賞金女王にも挑み
出国までギリギリ戦う姿はまさに鉄人。

来年の1月20日には米ツアーが始まる。
国内女子は寂しくなるが、二人の飛躍を願うばかりです。




Comment:0  Trackback:0
2021
12.04

新宿御苑から外苑 晩秋散歩

Category: ウォーキング
早いものでカレンダーは12月。
歩く会のコースは新宿駅からスタートして新宿御苑、千駄ヶ谷、神宮外苑へ。
参加者も多くお天気に恵まれて晩秋の景色を楽しみました。
新宿御苑は何度来ても都会の真ん中とは思えない場所。
園内をあでやかに彩る紅葉と黄葉、
晩秋なのに十月桜やスイセンに出会えてうれしい。
すべて青空に映えていいウオーキングでした。


イチョウ3 スイセン
                 イチョウとスイセン


イチョウとサルビア イチョウとサルビア

皇帝ダリア 皇帝ダリア
 
新宿御苑 中の池
                上の池と中の池
メタセコイア メタセコイア 
        十月桜 十月桜とカエデ


広い芝生が広がる西洋庭園を横切り千駄ヶ谷門方面へ。
新宿御苑カエデ 千駄ヶ谷門のカエデ
               千駄ヶ谷門近くのカエデとイチョウ

千駄ヶ谷門を出て左へ行きJRのガードをくぐるとJR千駄ヶ谷駅です。
オリンピック前に来たときは改装中でしたがきれいになりました。
駅前を横切り国立競技場方向へ

国立競技場国立競技場
オリンピック前に来たときはしっかりガードされていたが、オープンな雰囲気で
外周を見上げながら歩くことが出来た。

神宮外苑のイチョウは終わりに近づいてましたが、
落ち葉を踏みしめながら歩くのもまたいいかな。
 
外苑黄葉

青山一丁目で歩く会は解散。
有志で見つけたこじゃれたレストラン・トゥリーハウスは
とても感じよいお店で対応ぶりが気に入りました。

この日の歩行は11030歩









Comment:0  Trackback:0
2021
11.29

名物うどんと栗林公園へ

Category:
JR四国旅三日目の続き

大塚国際美術館を後にしてバスで鳴門駅に戻り
鳴門線池谷駅乗り換え高徳線特急うずしお14号で高松駅へ。

駅前でタクシーを拾って栗林公園近くのうどん屋さんに連れて行ってもらった。
まだやっているかなぁと運転手さん。
店じまい前の名物うどんの松下製麺所でした。
観光ガイドにも載っていたので、かけうどんを注文した。

松下製麺所 高松のうどん
松下製麺所                    かけうどん230円

手打ちにこだわる40年のうどんはつるっとしたのど越し、
カツオの風味漂うだしと合わせて、美味しくいただいた。 

栗林公園は国の特別名勝に指定されている文化財庭園。
東京の浜離宮庭園と並ぶが、最大の広さを誇っている。
さすがに400年近い歴史を誇るだけに、松の風格が違う。

入口付近にいたボランティアガイドのおじさんが、
時間が限られているならと、園内随一の場所をご案内しましょうと
飛来峰というビューポイントに案内していただいた。

栗林3 飛来峰からの眺め
富士山になぞらえて作られた築山で、紫雲山を背景に
栗林公園の西奥の南湖の風景でした。

栗林2

栗林4

おじさんに写メしていただいた貴重な三人のショット

一時間足らずの栗林公園でしたが、帰りの電車の予定があるので
おじさんがタクシー乗り場まで案内してくれたが、なかなか来ない。
おじさんが自分の車を駐車場から出してくるからと。
優しいおじさんはもしタクシーが来たら載ってくださいと言いながら。
まともにお礼の言葉を伝えることなく、やっと来た車に乗り込む。
すれすれで高松駅に着き、予讃線快速マリンライナー42号に乗車できた。

JR岡山駅でお弁当など買い込み山陽・東海道新幹線のぞみ116号
東京20時03分着でした。
旅の企画書通りには決行できたのですが、高齢者には少し忙しい旅になりました。
旅の目当てが高知県北川村モネの庭・マルモッタンでしたので、実現できたこと
嬉しいです。また、再び緑の庭と青い睡蓮が咲くモネの庭を訪ねてみたいと思います。
そして旅を付き合ってくれた夫と妹に感謝です。


 

Comment:0  Trackback:0
2021
11.29

大塚国際美術館鑑賞

Category:
JR四国旅の三日目

美術館へ行くので荷物整理し宅急便で自宅まで手配した。
身軽にしてJR徳島駅から高徳線・鳴門線で鳴門へ。
駅前からバスで大塚国際美術館へ、開館したばかりでしたが、観光客が多かった。

大塚国際美術館は山の中にあった。
大塚国際美術館大塚国際美術館
山裾にある正面玄関を入り41mのエスカレーターで地下三階へ上る。

昨年末のNHK紅白歌合戦で生中継は印象深い。
徳島県出身のシンガー・ソングライター米津玄師がシスティーナ・ホールで
歌声を広々したホールに響かせる映像でした。

システィーナホール

数年前にバチカン観光した折、あまりにも混んでいて
入館を断念したシスティーナ礼拝堂です。
内部の原寸大の《環境展示》は現地へ行ったような感じがします。

世界26か国 1000点以上の原画ではなく陶板名画なのです。

最後の晩餐
修復前の「最後の晩餐」

クリムト ゴッホ
クリムト                   ゴッホ


ゴッホが描いたひまわりの絵7点が並ぶひまわりコーナー
ひまわりの部屋

再現されたひまわり
この一枚は1945年兵庫県芦屋市で空襲の時消失したもの。
当時の資料をもとに精密に再現されたもの。幻の原画と言われている。



第睡蓮の前で
モネの【大睡蓮】の前で
モネの作品は自然光のもとで観られる屋外エリアにありました。


滞在2時間で駆け足で見て回りましたが、大塚製薬の創業者は大変な美術館を
創り上げたものです。鳴門海峡の「一握りの砂」からの発想という。
1300度に焼き付けられた写真陶板は、1000年も質を落とさずに
見ることが出来るというから、徳島県への観光客はますます増えるでしょう。

最後の高松名物うどんと栗林公園は次回に





Comment:0  Trackback:0
2021
11.28

室戸岬をめぐり牟岐線~JR徳島駅へ

Category:
四国の旅二日目の続き

 「モネの庭」の北川村からタクシーを呼んで室戸岬を廻りました。
地元四国の人でもあまり訪れない、いわゆる四国の地図の右下です。
運転手さんに「甲浦駅に3時まで着いてほしい」と
こちらの予定を話したものですから、予定時間を守ることで必死の運転手。
奇岩群が並ぶ観光スポットはお話しされるだけでスルー。
車から眺めるだけになった。

で、甲浦から阿波海南駅へバスで向かい牟岐線に乗車した。
一両で乗車したときは私たちと学生数人。JR徳島駅まで約二時間。
学生たちが帰校時間か満員になった。

徳島駅に着き眉山の景色が良く見える
JRホテルクレメント徳島に落ち着きました。
ホテル内の日本料理「藍彩」で地元の食材と旬の味覚を堪能。

阿波おどり会館へタクシーで出かけたがコロナ禍で閉館していて
ホテルまで逆戻り。(笑)
じゃ、ホテルの最上階のラウンジでカクテルなど頂きましょうと
眉山の麓から広がる徳島市内の夜景を眺めた。



Comment:0  Trackback:0
2021
11.26

高知・北川村モネの庭・マルモッタン

Category:
JR四国旅第二日目
香川県琴平駅を8時過ぎにスタート、土讃線南風1号に乗車した。
高知県後免駅へ行く途中の観光名所、大歩危峡を右に左に眺めながら
走る。
特急南風特急南風

大歩危
大歩危(おおぼけ)は吉野川の上流の渓谷美で土讃線の車窓のハイライト
車窓からの写メは難しいですね。

高知県南国市の後免駅で乗り換え、ごめん・なはり線へ
正式には土佐くろしお鉄道の終点、奈半利駅へ。
途中、安芸市営球場が見えました。
阪神ファンの夫は春季や秋季のキャンプ地を眺めてちょっとご機嫌。

阪神電車
タイガース色のペイントでした。


終点奈半利駅からは村営バスで北川村「モネの庭」へ。
モネの代表作≪睡蓮≫のような「水の庭」や色とりどりに花が咲く
「花の庭」などフランスのジヴェルニーさながらの風景です。

モネの庭2 睡蓮

モネの庭4 モネの庭5

モネの庭3 モネの庭


世界で唯一公式に再現することが認められたのは
庭師の川上さんです。
庭師としてフランスの芸術文化勲章を受章しています。

庭師川上さん

偶然にお会いすることが出来た川上裕さん
テレビ「情熱大陸」で拝見して庭造りに感動を覚えました。
モネが咲かせたいと願い続けた≪青い睡蓮≫は温暖な北川村では
6月下旬から10月下旬頃まで美しい花を咲かせるそうです。

12月から休園になりこれから冬支度などご多忙のことでしょう。
それにしても秋の終わりの「モネの庭」は美しい眺めでした。

Comment:0  Trackback:0
2021
11.24

瀬戸内しまなみ海道~タオル美術館

Category:
JR四国旅の第一日目
今回の旅の目当ては高知県の北川村「モネの庭・マルモッタン
印象派の巨匠と言われるクロード・モネの名画のモデルになったのが
フランス・ジルヴェルニーにある「モネの庭」です。
そしてその庭を再現する場所として、世界で唯一公式に認められているのが
北川村『モネの庭』マルモッタン」。

旅の同行者は夫と義妹です。
夫はしまなみ海道を通るなら付き合ってもいいと言って
時刻表と首っ引きで細かな計画書を作ってくれた。

新幹線のぞみ15号で東京から福山へ着き、駅近くで昼食でした。
その店で妹がクワイのから揚げ見つけた。
初めて食べた美味しいおつまみ、こちらでは名物だそうです。

クワイのから揚げ
美味しいクワイのから揚げ

福山駅前から高速バスしまなみライナーに乗りこんだ。
4社が共同運行しているが乗客は10人ぐらいで空いていた。
瀬戸内海に浮かぶ島々を眺めながらバスの車窓から景色を楽しめた。
最近はサイクリングロードとして人気が高い。

しまなみ海道
     しまなみ海道来島海峡
振り返ると通ってきた来島海峡大橋が見えた

今治駅前に着いてから予讃線に乗り壬生川(にゅうがわ)駅で途中下車。
タクシーでタオル美術館に立ち寄った。

タオル美術館1タオル美術館
        タオル美術館3
タオル美術館4
館内のタオルの糸巻きのディスプレイ

何しろタクシーを待たせていたので急ぎ足で館内を一回り。
また壬生川駅まで戻り、予讃線特急しおかぜ24号に乗車して多度津駅乗り換え
今度は土讃線南風19号で琴平駅へ。
下車したらすっかり暗くなっていたが、ホテルの方が駅まで迎えに来ていた。
夕食はお任せの懐石料理でこれでもかと次々と運ばれてきて
食べきれず三人で笑ってしまった。
今回は金毘羅さんには参詣できなかったが、温泉の貸切風呂に浸かり
やれやれ忙しい第一日目でした。

Comment:0  Trackback:0
2021
11.22

JR四国旅してきました

Category:

先週末、2泊三日でJR四国旅してきました。

ジパング倶楽部マガジン10月号の表紙にぐっと引きつかれて
『そうだ四国へ行こう』と思いついた旅です。
JR四国では四国デスティネーション・キャンペーンをしていた。

ジパング倶楽部10月号

テレビ「情熱大陸」で紹介された高知県北川村「モネの庭・マルモッタン」の
庭師川上さんに感動して会いに行こう!!と思いは広がりました。

三日間は絶好のお天気続きで快適な列車旅をすることが出来ました。
後日、記憶を整理して旅日記を綴ろうと思います。





Comment:0  Trackback:0
2021
11.13

高輪台駅から高輪ゲートウェイ駅まで

Category: ウォーキング
11月第二土曜日は爽やかな良いお天気でした。
そろそろと始まった歩く会は高輪歩きで、
都営地下鉄「高輪台駅」からスタートした。

江戸の古地図を見ると、各藩の大名屋敷が多く構えていたことが分かる。
熊本藩屋敷跡に建つ都営高輪1丁目アパートはデザインが斬新で
一号棟と3号棟をつなぐ赤い渡り廊下が目立つ。

大石内蔵助自刃跡
アパート前に建つ「大石内蔵助等自刃ノ跡」の碑が立っている。

赤い橋の下を通り奥に行くと、大石内蔵助のほか16人の赤穂浪士が
切腹した庭の一部が史跡として残っている。
赤穂浪士16人自刃跡地
細川家の中屋敷だったところ 赤穂浪士16人自刃跡


アパートの東隣が旧高松宮邸で上皇ご夫妻が仮住まいされる
「仙洞仮御所」があり、前の通りには美智子様ゆかりの薔薇が植えてある。
プリンスミチコゆかりのバラ
      プリンセスミチコ

すぐ近くには豆大福で有名な「松島屋」には長い行列ができていた。
先の伊皿子交差点を右に曲がり泉岳寺方面へゆるい下り坂を行く。

「泉岳寺」は赤穂藩浅野家の菩提寺。
泉岳寺 泉岳寺2

赤穂浪士墓
大石内蔵助他四十七士の墓

入口でお線香を買い四十七士の墓へお線香を供えた。

泉岳寺から高輪ゲートウェイ駅へ行く途中「大木戸」へ寄る。
昔、東海道から江戸への入り口だった。
伊能忠敬はここを起点に日本全土の測量を始めた場所。

高輪大木戸跡
高輪「大木戸」跡
第一京浜東側に石畳の一部が国史跡として残されている。

歩く会のゴールはJR「高輪ゲートウェイ駅」。

高輪ゲートウェイ駅

長い木製屋根が目立つデザイン、鉄骨以外の壁面や床面は木製で天上高く
広がっている。
高輪ゲートウェイ

トイレに入ったらいい香りのスペース。
福島県産のスギから抽出したエッセンシャルオイルをベースに調香したものとか。
 腰痛が始まり体調良くなかったが、スギの香りに癒されたゴールでした。

歩行数8300歩







Comment:0  Trackback:0
2021
11.11

映画「リスペクト」を観て

Category: 映画・演劇
黒人で「ソウルの女王」として活躍したアレサ・フランクリン。
あのオバマ大統領の就任式でのアメリカ国家独唱は印象的です。

アレサが亡くなったのが2018年。
もしも私の伝記映画を作るなら
私の役はジェニファー・ハドソンにしてと指名されたとか。

映画「リスペクト」はその通り歌唱力も演技力も十分の
ジェニファー・ハドソンで見事にアレサ役をこなしている。

リスペクト

映画「ドリーム・ガールズ」で初めて出演した映画で
アカデミー賞助演女優賞を受賞している。
ジェニファー・ハドソンが36㌔も減量していたとは驚異的。

アレサ・フランクリンのルーツである教会での歌唱は聴きごたえ十分。
自分を見失ったアレサに手をさし伸ばしてくれたのは
母に愛された記憶だと・・・
超スローテンポに歌い上げる『アメージング・グレース』は
いつまでも心に残ります。





Comment:0  Trackback:0
back-to-top